2007年10月26日

日本人が英語を習得できないわけ

すごい久々に記事を書きます。

日本人は英語ができない、この意見はよく言われます。

これは日本人が英語にたいしてそれほど熱心でないのなら

私は問題がないと思います。日本人は日本語を話すのですから。

しかし、日本人は英語に対して世界的に見ても学習意欲が高いです。

本屋には英語学習関連の本がずらっと並び、インターネットには

数え切れないほどの情報があふれ、駅前にはたくさんの

英会話学校がある。これだけ学習環境が整っているのになぜ?

いつまでたっても思うように上達しない人が多数いるのでしょうか?

これにはたくさんの原因が考えられますが、私はその中のひとつに

注目したいと思います。

それは''情報の氾濫''だと思います。

無数の情報に惑わされて、学習方法を変えては変えて、

教材を買っては買い換えて、キリがありません、、、

この原因のひとつを作っているのはお金儲けをしたいために

ウソの情報を流している人たちです。

''○週間でマスターできる!'' ''聞き流すだけで〜''

などとうたっている教材などです。

少し冷静に考えれば明らかにおかしいことがわかりますよね。

ありえないですよね???しかしこのような情報におどらされて

たくさんの人たちが正しい道を踏み外し、お金をかけても

英語が身につかない、という最悪の状況に陥ってしまうのです。

この悪循環を断ち切るために、まずは学習方法に関する情報を

遮断しましょう!!そして冷静に考えて見ましょう。

さあ何をやればいいか見えてくるはずです。

本質を見抜くチカラを養いましょう。

そして一歩一歩前進するつもりで、決して一度に大きな成果を

求めようとせずに、継続していきましょう!

1年後には確実に情報に踊らされていた自分を笑えるでしょう!!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。